豚骨ラーメン作りの詳細やごま油の効果の詳細

北九州が発祥の地とされる豚骨ラーメンは濃厚でこってりした風味を持つ、食べ応えのあるラーメンとして人気があります。現在では豚骨の出汁をベースにした様々な味付けが施されたラーメンも増えている一方で、昔ながらのごま油を使った香ばしい風味を楽しめる豚骨ラーメンが見直されています。

満足できる一杯を堪能するためにも、豚骨ラーメンとごま油の関係や美味しい食べ方について学びましょう。

豚骨ラーメンと称される博多ラーメンの特徴

本来の意味での豚骨ラーメンは豚の骨から出汁をとったラーメンを指します。あくまで出汁の取り方から付けられた名前であり、しょうゆ味やみそ味のラーメンも豚骨の出汁を使っていれば豚骨ラーメンの一種です。しかし実際には、特有のとろみを持つ白濁スープのラーメンが豚骨ラーメンとされています。

このラーメンは発祥の地である博多の名前を取って博多ラーメンと呼ばれていますが、豚骨ラーメンとされているのは出汁の取り方が他とは異なるためです。豚骨を使った一般的な出汁の取り方は弱火で長時間煮込むというものですが、博多ラーメンの場合はお湯が吹きこぼれる程の強火で煮詰めています。

そのため、豚骨の内部にあるコラーゲンが抽出され、熱湯の中でゼラチンに変化することから特有のとろみができ上がるのです。

また、ゼラチンは水と油を混ぜ合わせて乳化させる性質があります。水と油の混合物は白く濁った液体になり、それが豚骨ラーメン特有のスープとして使われるのです。ゼラチン特有のとろみと豚肉の脂身を連想させる白濁した色のスープが濃厚でこってりした、高カロリーな豚骨ラーメンというイメージを形作っています。

しかし実際は見た目ほどの高カロリーではなく、むしろスープに含まれているゼラチンが肌に潤いをもたらす効果があるとされています。

豚骨ラーメンはこってりした外観とは異なる、美容と健康に良い食品と言えるのです。

豚骨ラーメンの多様化と地域性の関係

現在では豚骨ラーメンと言えば博多ラーメンのような濃厚白濁スープを使った物を指します。また、博多ラーメン風のスープをベースにしてしょうゆ味やみそ味といった既存の味を添加する、新しいタイプの豚骨ラーメンが増加しています。

これは豚骨ラーメンならではの濃厚な舌触りが既存の風味によく合うのが大きな理由です。日本のラーメンの多くはさっぱり系の味付けが主流であり、豚骨ラーメンは博多ラーメンのように一部の地域に限定された嗜好品でした。

しかし、白濁スープの濃厚でとろみのある質感は口の中に強い刺激をもたらし、少量でも大きな満足感を得ることができるという事実が知れ渡った結果、地域ごとに様々な味付けが施された豚骨ラーメンが作られるようになったのです。

豚骨ラーメンが地域ごとに形を変えつつも広く普及した理由として、材料を入手しやすい点が挙げられます。豚骨はどの地域でも安価で入手できる材料なので大衆食であるラーメンには最適です。また、豚骨スープの作り方についても特別な技能は不要であり、高温で煮詰める時間で風味を調節できる利便性も普及に繋がっています。

現在では濃縮エキスや粉末に加工された豚骨スープが市販されているので、ラーメン店に限らず家庭でも手軽に本格的な豚骨ラーメンを作ることが可能です。

ごま油が豚骨ラーメンの香味油に適している理由について

ラーメンには香り付けの目的で香味油を加えることがあります。香味油には様々な種類がありますが、いずれも特有の刺激を持つ香りを出すのが特徴です。ラーメンスープ本来の香りを損なわず、それでいて香味油の刺激をアクセントにすることでより深みのある風味に仕上げることができます。

香味油の中でもごま油は豚骨ラーメンに多用されていますが、これはごまの香りが豚骨スープに最適とされているためです。

ごまは植物の中でも脂肪分が多い品種であり、特有の香りから様々な料理の薬味や香味油の材料として使われてきました。

豚骨ラーメンについても、豚骨のエグみがかった臭気を打ち消しながらスープの良質な香りは損なわない、絶妙なバランスを取ることができるのがごま油の強みです。

ごま油は特有の香ばしさが魅力ですが、その一方で個性が強すぎることから料理によっては合わないことがあります。

特にあっさり系の味付けが施された料理はごま油の香りばかりが強く感じされてしまうため、使う機会が限定されるのが欠点です。その点、豚骨ラーメンはスープの風味が濃厚なので、ごま油の強い個性に負ける心配がありません。

それでいてごま油の香りを損なわずに引き立たせることができるので、お互いの相性は最高に良いと言えます。

『豚骨ラーメンの風味の特徴と薬味の選び方』

豚骨ラーメンにはすりごまと粒ごまの両方を使うのが最適

ごま油だけではなく、ごまそのものをスープに加える食べ方を楽しめるのも豚骨ラーメンならではの魅力です。その際、すりごまと粒ごまの両方を使うのが最も風味を深く楽しめる食べ方と言えます。すりごまはスープと混ざることで特有の風味が拡散され、スープをひと口含むだけでごまの香りが鼻を通り抜けるほどに広がります。

また、粒ごまはラーメンをすすって口の中で噛み砕かれた際にごまの味を楽しむことができます。それぞれのタイミングでごまの風味を余さず堪能できるのが大きな利点です。豚骨ラーメンの風味はごまに負けず、それでいてごまの風味も損なわないことから、香りと味でそれぞれの良さを存分に楽しむことができるのです。

美味しい豚骨ラーメンを食べるための店選びについて

美味しい豚骨ラーメンを食べるには店選びが非常に重要ですが、味の好みは人それぞれなので他人の評価は決して最適な判断材料とは言えません。実際に自分で食べることで初めて理解することができますが、口に合わない作りだった場合はわざわざ食べに来たことを後悔するほどに落ち込んでしまうおそれがあります。

真摯な姿勢で営業している店は余計な味付けを行わず、素材の品質を活かした方法でラーメン作りを行っています。加熱時の温度管理や麺の湯切り、豚骨出汁の抽出に一切の手抜きをしないのが美味しい豚骨ラーメン作りの条件なので、厨房内で手際良く動いて工程を適切にこなす店は信頼できると言えます。

逆に、ラーメン作りの工程が非常に遅かったり、無駄な動きが多い店は味も良くないことが多いので避けるのが無難です。ラーメン店の良し悪しは店内の衛生管理でも判断は可能です。ラーメンは油を多用する料理なので汚れて当たり前、という考えは現在では通用しません。

飲食店が店内を清潔に保つのは当たり前のことであり、その当たり前のことができない店は料理の質も悪いと見なされるのは自然な流れです。ラーメン店も同様で、床やカウンター、水を飲むためのコップなどが汚れている店は素材の管理やラーメン作りも杜撰であることが多いので味も悪くなります。

常に清潔な状態を維持している店はラーメン作りも丁寧に行う傾向があるので、注文する前に店内の状態をよく観察するのが店選びで失敗しないコツです。